2/24/2009

San Blas: Beaches at Isla Robinson

カーニバルの連休を利用して、カリブ海のサンブラス諸島(クナ・ヤラ自治区)へ行ってきました。いやいあや、驚きと幸福感と、疲労と、なんとも非日常的な 3泊4日でした。シティから1日一本しかない飛行機(しかも朝6時の便のみ)でほんの30分、そこからひっくり返りそうなボートで1時間(救命胴衣なども ちろんなく、そしてずぶぬれ)。島は本当に小さくて、対岸が見えます。

We arrived at 8:00 am (drenched head to toe from the 1 1/2 hour boat ride) at the beautiful island of Mr. Robinson's. Well worth the ride. A week earlier when we called to make reservations, somebody else answered the phone and when we asked to speak to Sr. Robinson, they shouted "Senor ROBINSON!!!!" as if calling to him at the next island over. I could only imagine that there was a pay phone sticking out of the sand with waves lapping up against it and Sr. Robinson was on a boat out at sea. As it turned out, that wasn't too far from the truth. On another island they have a pay phone, and whoever is there picks up the phone and then hunts down Senor Robinson. He's a mysterious man. We never met him, but they say he wanders the islands at night.


島の周りを囲むのは、本物のコーラルサンド!ふっかふかです。クナさん達は、この島では裸足で生活してます。

The beach was amazing. The sand was so soo soft. I mean look at these footprints. It was like walking on sand pillows in space.



泊まったホテル(っていうか掘っ立て小屋みたいなカバナ)の目の前のビーチ。いやいや、本当に来てよかった。やっぱりカリブ海は水の色がソーダブルーだわ。太平洋側とは格段の違いです。10メーターほど泳げば、すぐそこに珊瑚があって、カラフルな魚達が泳いでます。

The driftwood was pretty too.



サンブラス諸島には、大小350余りの島が点在しています。無人島もたくさんあるみたいです。私達が滞在したのは、ロビンソン島です。クナ族の家族も住んでいますが、主には観光客用のカバナが10棟ほど建っているだけの、小さな島です。

Even the flowers were okay.



乾季なので、少し風があります。が、波がたってもこれくらい。風があるおかげで、ぜんぜん汗はかきませんでした。夜は涼しいくらい。

The waves also passed inspection.



小さな島では何もすることがありませんから、朝に晩に、ビーチをお散歩。ビーチコーミングに励む私。おかげさまで、真っ黒になりました。
Right of the beach there was a beautiful coral reef with lots of fish. Hours of great for snorkeling!



ある朝の収穫。珊瑚とか、貝殻とか、山のように落ちてます。インテリア用にお持ち帰り。

Naoko approved of the beach combing.



ビーチには倒れてしまったヤシの木もあれば、こんな風に頑張ってたっているヤシの木も。根っこがなかなかグロテスク。

Palm trees have neat roots.

1 comment:

laurie said...

Wow--it's gorgeous! ...postcard perfect...and the simplicity seems so inviting! Thanks for sharing!!!